知っておきたいダイレクトメールのメリットとデメリット

ダイレクトメールには様々な種類があります。①郵送によるハガキや封書等によるものです。カラー印刷でとても見やすく,カタログやパンフレットの様な厚みのある冊子でも可能です。多くの情報を一度に発信する事が出来ます。それにより反応率は高いでしょう。但し開封される事なく処分される事もあります。印刷代や発送作業などでコストは高くなります。②FAXによるものです。FAXは原稿1つで多くの企業へ情報を送る事が出来ます。郵送に比べコストも少なくて済みます。且、必ず目に入ります。しかし、モノクロでしか情報を提供出来ず情報量も少なく、興味を持つように工夫しなければなりません。③Eメールによるものです。料金も安くコストが圧倒的に安いのが強みです。ホームページとリンクする事によってカラーで、より多くの情報を提供する事が出来ます。しかし、知らないメールであれば開封する事無く削除したりされてしまう事もあります。

有効的なダイレクトメールの活用

ダイレクトメールの友好的な活用としてよく見かけるのが、飲食店や衣料販売店で郵送されてくるハガキがあります。有効期限などが明記してあり、ハガキを持参すると飲み物1杯サービスや5%サービスといったものです。町内や市内など広範囲に送るもので、一度行ってみたかったが、サービスして貰えるならと足を運ぶ方も多くいるのではないでしょうか。この様に郵送や印刷等のコストはかかりますが、ハガキ1枚で顧客の入りも増え、またリピーターとして来店して頂ける様になれば、ダイレクトメールの効果は十分発揮されていると言えます。いかにして行ってみようと思わせる様なインパクトのある内容に工夫する事が重要です。ハガキでのダイレクトメールは多くの人に一度に関心を集める為の有効的な手段の一つと言えます。

ダイレクトメールの方法と実用性

何を目的としてダイレクトメールを発信するのか。その為にはどのくらいコストをかけられるのか。郵送・FAX・Eメール。色々な方法があります。また伝えたい内容により色々と考えられます。新規オープンであればハガキによる郵送や折り込みチラシといった方法が良いでしょう。キャンペーンや商品の売り出し、新商品の販売などでしたら、折り込みチラシやEメールからホームページへリンクする様な方法や、FAXで企業宛に送信する方法も良いでしょう。また、企業や家庭に対して定期的に購入を目的としたダイレクトメールであれば、コストをかけてもパンフレットやカタログといった方法が向いているのではないでしょうか。昨今では、SNSを用いたダイレクトメールの発信方法もあります。これでしたら特に相手の住所などを調べなくてもいい訳ですから、コストもかかりません。様々な方法があるので目的に見合ったやり方でするのが一番ですね。