ダイレクトメールを利用するときの注意点

お店に来店して頂いたお客様などのリピート率をあげる為に、企業が行う宣伝活動のひとつとして郵便やメールを使い個人宛に送るものをダイレクトメールと言います。新商品の案内やお買い得品の案内など直接お客様にアプローチできるためさまざまな形で続けられています。一般的にはポストカードが多く、比較的安くできるので初心者でも始めやすいものです。ただし掲載できる情報が少ないので要点をまとめてデザインを考える必要があります。昔では封筒にカタログなどをいれたりしていましたが、今は圧着はがきやOPP封筒などが多くなってきています。圧着はがきは圧着部分をはがすと普通のはがきよりも倍になり多くの情報を載せることができるようになりました。OPP封筒は透明などのフィルム素材の封筒で、チラシや商品のサンプルなどを一緒に送ることができます。

ダイレクトメールのメリットやデメリット

ダイレクトメールのメリットは商品やお店に興味がある人にダイレクトに送ることができ、リピーターになってくれる確率があがることです。企業が伝えたい事をまとめダイレクトメールの作成を行うことでお客様の目にとまり更に興味を持っていただく事ができます。サンプルなども同梱しておくとさらに販売につながっていくことでしょう。ただし企業側にとっては良いことばかりではありません。ダイレクトメールを作成する印刷費や発送作業費、そして郵送料などコストはかかります。ダイレクトメールの内容を企画して出来上がるまでにも時間はかかり、その間に商品が無くなってしまうなどというトラブルもおきます。近年では、多くの企業でダイレクトメールが利用されているため、消費者がダイレクトメールに慣れてしまい開封されないまま捨てられてしまうことも少なくありません。その為、興味を引く為のデザインを常に考えなくてはいけません。

今だから出来るダイレクトメール

ダイレクトメールがお客様に届く前に商品が無くなったということを防ぐ為や、ポストカード1枚でも多くの情報を知ってもらえたり、サンプルを無駄に配布しない為になど、今までデメリットになっていたことをデメリットにしないような工夫が始まっています。スマートフォンが急速に普及したことで、インターネットとの連携が増えてきているのです。ポストカードにはポイントをシンプルにまとめるだけにして、インターネットのサイトへアクセスできるようにQRコードやデジマークを印刷してダイレクトメールを作成するだけです。商品情報もサイトで管理できるので、在庫がなくなってもダイレクトメールを作りなおす必要はありません。商品サイトを見たうえでサンプルを希望されたお客様にだけサンプルを送ることでサンプル品の無駄も防ぐことができます。このようにインターネットが身近になったからこそ進化したダイレクトメール術だと言えます。