ダイレクトメールを作成依頼するときの業者の選び方

ダイレクトメールは、個人や法人に宛てて直接配送される商品案内やカタログを意味します。集客効果を上げることを期待して送られます。集客効果を上げるために使われるものとしてはチラシや新聞の折り込み広告もありますが、チラシなどと比較するとダイレクトメールは作成の費用もかかるため、新規の顧客を獲得するためや資料請求などをしてきた見込み客の開拓目的というよりも、リピーターを増やすために利用する方が費用対効果も高くなります。チラシや新聞の折り込み広告などは、地域を指定して配布しますが、ダイレクトメールは1回以上の購入歴のある人や年間の購入額が一定基準以上の人など、対象となる顧客を絞り込んだ上で送付することができるため、よりピンポイントで宣伝効果を上げることが期待できます。

ダイレクトメールにはどんなメリットがあるか

ダイレクトメールは、カタログや小冊子で送ることもできるため、チラシと比較して多くの情報を顧客に届けられます。商品の案内をしたい時などにおすすめです。クーポンを添付して送ることもできるため、顧客からの反応がどの程度あるかを測ることもできます。クーポンは複数添付することもできるため、種類別に顧客の反応度を計測することも可能です。ダイレクトメールは郵便で送るため、既存の形だけでなくデザインや企画にこだわって作成することもできます。商品の案内を送るだけでなく、サンプルも一緒に送ることができるため、顧客の反応率も高くなります。チラシや折り込み広告は大量に届くため他の広告の間に埋もれてしまいますが、ダイレクトメールは届く数がそれほど多くないため目に付きやすく、顧客に直接アピールがしやすいです。

ダイレクトメールの有効な活用法

ダイレクトメールはチラシと比較して、デザインにも凝ることができ、加えて送料もかかるため、1通あたりのコストは高くなります。その対策として、同一の内容の郵便物を2000通以上出す場合、広告郵便物の申請ができます。承認が得られると、送料が8%から44%の割引になります。チラシはポスティングで配布しますが、ダイレクトメールはあらかじめ顧客の住所や名前を把握しておくことが必要です。メンバーズカードの発行や会員登録を行うことで、顧客管理をすることができます。通販会社ではリピート率が高まれば、売上を上げることができます。そのため、ダイレクトメールが有効活用されています。イベントや展示会を行う業界でも利用されています。来場プレゼントなどの特典を付けて発送することで、来場者数は伸びる傾向です。