ダイレクトメールを利用した集客方法

ダイレクトメールを利用した販促方法は、そのやり方によって効果の出方が顕著に現れます。ダイレクトメールは、販促方法としては一番手っ取り早いものではありますが、販促費用もそれなりにかかるわけです。自分たちでデザインから印刷までできる設備をお持ちであれば、配布するときにかかる料金だけで済みます。しかし、ほとんどの会社では、デザインはデザイン会社に、印刷は印刷会社に外注をしてダイレクトメールを作成しています。外注すれば、当然費用は自分たちでやるよりも高くなってしまうわけです。せっかくお金をかけるのであれば、なるべく効果が出る方法で実施するほうが良いと言えます。効果の現れ方は、そのダイレクトメールの内容によっても変わるわけです。どの地域で、どのような顧客に向けて送付をするのかをしっかりと考えてから送付をするようにしましょう。

ダイレクトメールは打ち出す内容によって配布先を考える

ダイレクトメールは、内容によって配布先を考える必要性があります。例えば、住宅販売のダイレクトメールを一軒家に配布してもその効果が薄いのは良くわかります。一軒家に住んでいる人が新たに家を建てるとは考えにくいので、賃貸マンションやアパートなどを狙って打ち出すようにするべきです。忘年会や新年会など、飲食店が打ち出すダイレクトメールは、自店の顧客層やどの地域から来店されているかによって配布先を見極める必要性があります。大衆居酒屋なら若者に向けて、少し値段が高い創作料理などを出すお店では、年齢が高めの顧客へ送付すると効果が表れやすいです。また、そういった会の場合は会社を狙って打ち出す方法もベストです。このように、ダイレクトメールを効果的にする方法は、その商品をどのような場所でどのような方に売りたいかによって配布先を考えると、効果が期待できると言えます。

ダイレクトメールは早めに打ち出すほうが効果は出やすい。

ダイレクトメールは打ち出す場所や顧客層も大切ですが、配布する時期によってもその効果が変わってきます。期間限定の商品や企画を打ち出したいのであれば、ある程度早めに打ち出すほうがその効果は上がりやすいと言えます。月曜日に週末のイベント告知をしても、予定が入ってしまっているという人が多くいる可能性が高いです。また、あまり早すぎても効果が薄れてしまいます。二か月も前からイベント情報を打ち出した場合、そのイベントにどうしても行きたいと考えている人以外は忘れてしまう可能性が高いからです。ある程度、近すぎず遠すぎずの期間を設けて送付をするようにしましょう。その方がより効果が表れやすいと言えます。また、何曜日に届くかということも考えると良いです。広告がいっぱい入っている曜日は、他のものと混じって目立たないということが考えられます。そういったことも考慮して、ダイレクトメールを打ち出すようにしましょう。

DM作成でお悩みのご担当者様!まずはお電話下さい。 圧着はがきの印刷~発送までOK。サポートも安心! Pマークも安心!創業37年福岡のアド印刷が提供するダイレクトメール印刷・印字・発送代行サービス。 お電話でのお問合せは平日月曜日から金曜日までの9時~19時まで受付中です。 福岡本社を始め東京支社、大阪営業所の3拠点を軸に日本全国のお客様の販促活動をサポートいたします! ダイレクトメールの印刷、宛名印字、発送ならDMパックへ